株式会社なでしこホーム

メールでのお問合せ
03-5916-0457
営業時間 9:30~18:30 (

事例紹介

ホーム > 事例紹介

当社底地事例【1】板橋区徳丸

借地権が相続にて承継されていたが、当初とは異なり更に転貸されていた。(当時契約書はありません)

【借地権者】 2階Aさん家族 住居
1階Bさん家族 自営+住居
【底地(地主)】

土地賃貸借契約を締結させる。
権利関係を整理し、同時売却案にて交渉に入る。
(高齢者の世帯であったため、将来の資金面での交渉に  予算が上回るが、期日までに売却できた。)

2階Aさん家族→所有権(マンション購入)
1階Bさん家族→所有権(マンション購入) 地主さん→

自宅を売却せずに期日までに資金調達と借地の整理が できた。

当社底地事例【2】板橋区高島平

老朽化した重層長屋式3階建分譲マンション 築47年 自主管理

建物は一棟の連棟一部

敷地は地番ごとの個々の所有権

敷地は一部共有の敷地権

問題点

  • 1.建物の老朽化に伴い、建物全体の補修工事ができない。(積立金の不足)
  • 2.収益物件としての物件力・客付け力の減少が増えはじめ、投資回収が見込めなくなってきた。
  • 3.修繕費の増額が大きな問題になる。
  • 4.各所有者に相続承継の問題が発生

管理規約の作成・
締結を先行する
集会での議題を重ねる

→

約2年

結果

一段の宅地としての売却案でまとまる

  • ・建売り業者へ一括売却案件にて個別交渉に入る(現況引渡) →→→ 業者へ売却
  • ・建物内の賃借人約30組には、移転交渉を請負い円満にご移転を頂いた(約1年間)
  • ・条件的には個別売却では出ない金額で売却でき、所有者には喜ばれた。
  • ・複雑な権利関係を整理できた
  • before
  • after
このページの先頭に戻る